初心者でもわかるように株式用語を解説!割安か割高か?!PER、PBR、ROE編

資産運用
スポンサーリンク

こんにちは、電気技術系サラリーマンのイナズマです⚡️@inazuma_zuma

今回は株式用語を数個解説したいと思います。

増税、年金、貿易摩擦の話題が多い昨今。資産運用や投資を検討している、または始めた人も多いのではないでしょうか?

勉強中ではありますが、私も株式投資をしているので、始めた頃わからなかった株式用語

主によく見かける用語の意味・見方を解説します。

今回はPER、PBR、ROEについて解説します。

注意点  株式に限らず投資は自己責任です。このブログ記事は投資での安定を保障するものではございません。投資に絶対は無く、当ブログ、その他のブログ、サイト、いかなる書籍の情報も参考に留め、自己判断及び自己責任で運用しましょう。

スポンサーリンク
最近のコメント

    PERとは?

    まずは、PER(ピーイーアール)について解説します。

    PERとは「株価収益率」の事を指します。

    株価に大きな影響を与える業績の動向、その中の利益を株価水準の基準にしたものがPERです。

    株価が一株当たりの利益の何倍まで買われているかを表していて、およその投資した金額が何年で回収できるかがわかります。

    数値の求め方は株価を一株当たりの利益で割ると求めることができ、数値が低いほど割安の銘柄と判断できます。

    例えば、

    A社の一株当たりの利益が20円の時、株価自体が300円だとしたPERは、

    300÷20=15PER15となります。

    一方、B社の一株当たりの利益が50円とした時、株価が500円の場合、

    500÷50=10PERは10倍となります。

    この例だと単純に考えてA社よりもB社の株の方が割安と判断できます。

    PER、気をつけるポイント

    株価が割安=お買い得と判断でき下値不安も少ない分、有利となりますが株価や企業の純利益が変われば、当然PERの数値も変動します。

    現在のPERと予想PERと比べ、割安感が出てくるようであれば株価が上昇する確率は高いといえます。

    しかし、株式取引において不確定要素は拭い切れません。一つの指標数値として参考に留めましょう。

    PBRとは?

    次はPBRです。

    PBRとは「株価純資産倍率」といい、会社の資産から株価水準を測る数値です。

    株価を一株当たりの純資産で割って算出します。

    例えば、会社が仮に解散したとして、株主にどれだけ取り分があるかを示した数値になります。

    例をあげると一株当たりの純資産が500円で株価が1000

    としたら1000÷500=2PBRは2倍にとなります。

    このとき会社が解散したら株主の取り分は投資金額の二分の一になるという事になります。

    PBRの数値が低いほど割安ということになり、もし一倍未満なら株価は底値圏にあるという風にみることもできます。

    PBR、気をつけるポイント

    PBRで気をつけるポイントは、会社の経済状況で注目度が変わる事です。

    会社が業績を伸ばし、経済状況もいい時、重視されるのはPERですが、景気が悪く市場全体が低迷している時、重視されるのはPBR、という傾向があります。

    市場が低迷してる時は業績の良し悪しより倒産のリスクを意識されるからです。また、PBRがあまりにも低い場合、将来の業績に不安を持たれていると判断でき、何かしら悪材料が潜んでいる可能性があるため、その企業の四季報やニュースで情報を集めましょう。

    ROEとは?

    ROEとは「株主資本利益率」の事を指します。

    会社が効率的な経営をしているどうかの指数になります。

    ROEの数値が高ければ、その会社は効率的な経営をしていることになり、そこが評価されれば株価上昇の期待も高まります。

    数値の求め方は純利益÷株主資本×100(%)で求められます。

    例えば、株主資本を1000万円運用している企業が純利益150万円だとしたら、

    150÷1000×100=15となり、ROEは15%となります。

    一般的に10%以上が効率の良い経営という目安になります。逆にROEの数値が低ければ効率的に資本を運用できていない下手な経営を行っているといことになります。

    ROE、気をつけるポイント

    ROEの数値はPER、PBRと違い、純利益を株主資本で割って算出します。

    株価によって変動するわけではないので、PERやPBRほど頻繁に数値が変わる事がありません。

    株式を大量保有する安定的な株主が重視する傾向があるようです。

    同じような数値でROA「総資産利益率」があります。こちらのROEとの違いは、負債を含めた総資産から数値を求める点です。ROAはROE同様、数値が低ければ効率的な経営が行われていないっということになります。

    SBIネオモバイル証券 口座開設プロモーション

    まとめ

    少しややっこしい所もありますが、よく見かける用語です。株式銘柄選びの目安にしてみましょう。

    再三ですが、株式に限らず投資は自己責任です。どんな話も鵜呑みにせず参考に留めましょう。

    自分流の投資術をまだ開拓している人は、用語などの意味を良く理解するのに参考にしてみてください。

    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


    人気ブログランキング

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました